フォト日記

FRONTIERS TEAM BLOG

輿副部長に聞く、スーパーボウル!

先日、アメリカ合衆国🇺🇲のプロアメリカンフットボールリーグ🏈(NFL)の優勝決定戦である、「スーパーボウル」が開催され、フロンティアーズのメンバーも皆、その試合の行方に大興奮していました。中には、休暇を取って、リアルタイムで観戦していた人もいたようですよsign01

そこで、実際にあの会場🌎にいた、輿副部長に感想と会場🏟の雰囲気をこっそり教えてもらいましたsign01



試合は、戦前のどの予想も覆す展開でした。

私も「29-26でペイトリオッツ勝利shine

と、ベリチックHCの手腕を畏れる、あるいは敬服するという予想でした。

それだけに、前半無得点で終わりそうになったペイトリオッツを観て

「いよいよ今日はダメか。勢いとはおそろしいもの」

と覚悟?を決めていました。

「たら・れば」というプレーは、いくつもありましたが、それらは全て結果論。
追い上げるときのペイトリオッツの集中力、一体感は凄まじかったと思います。

逆に、ファルコンズは、そんなつもりはないのだろうけれど、迫ってくるペイトリオッツのペースに嵌まったように思います。

16点差の時点で、ペイトリオッツにとっては

「TD二回&2ポイントコンバージョンを二回とも成功させる」

というのは高いハードルであり、その間にファルコンズの攻撃の機会もあったのですから、まさに奇跡的な展開としか言えません。
そんな意味でも、あの場に立ち会えた幸運に感謝しています。

スーパーボウル🏈だからこそ来る観客は多く、ホーム&アウェーという感覚が薄いのがスーパーボウルの特徴でしょう。つまりチャンピオンシップのような「地元有利感」は、ここにはないのです。

それでも、前半のあの展開にペイトリオッツ側のファンは、かなり静かになっていました。
後半は、双方が立ちっぱなしで応援している感じでした。

試合後、ゆったりと堂々と帰るのは、誇らしげにペイトリオッツのジャージを着ているファンで、ファルコンズファンは、そそくさと帰ってしまったようです。

また、翌朝の新聞によれば「もう勝ったと思って帰ったファン」も多かったようです。そりゃそうでしょう。

前半、スコアは圧倒されても、ボール確保時間は20分対10分と二倍でペイトリオッツが圧倒しており、捉え方によっては「スコアは負けているが、ドライブはされていない。よって後半にチャンスあり」だったのかと。
スコアに目が行きがちというか、いくらドライブしていても点が入らないことに焦りが生まれるのが当然なだけに、ペイトリオッツはすごいチームです。

あれだけスーパーボウル🏈に勝っているチームながら、名誉の殿堂には、まだ誰も入っていません。スティーラーズ、カウボーイズ、フォーティナイナーズのような王朝を築いたチームから多数が殿堂入りしているのとは対照的。

つまり「誰かに頼らないチーム作り」だからこそ強さを維持できているのかもしれません。

対するファルコンズ、攻撃コーディネータのシャナハンは次シーズンからフォーティナイナーズのHCとなるので、後任があの攻撃を維持できるのか、フォーティナイナーズはファルコンズのような強い攻撃ラインを構築できるのか、興味は次のシーズンに向かいますeye

1 2



最後までわからない、手に汗握る展開に、
「やっぱりこれだからアメフト🏈は面白い!」と再認識してしまいました^^

clipFacebook ★富士通フロンティアーズ
clipTwitter ★公式アカウント
clip富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP

| |

FRONTIERS TEAM BLOG

tvk「LOVEかわさき」の舞台裏

2017年1月21日9:00~放送された、tvtvk(デジタル3ch)川崎市広報番組「LOVEかわさき」。
LB#35竹内修平選手dog、OL#72小林祐太郎選手dogが出演させていただきました。

テレビの収録は初めてsmileと言います。
この二人、同期ですが、
「何を答えるか考えて来た」という小林選手dogと、
「その時の感覚で答えよう」という竹内選手dog
対照的な二人です!

打ち合わせを終えて、メイクshineを終えると、いざリハーサルへsign01

3

リラックスした様子の竹内選手dogheart04と、汗が止まらない小林選手dogsweat01

リハーサルを終えると、そのまま本番へsign03

clip見逃した方はこちらから!

4

リラックスした様子だった竹内選手dogが、緊張してますよね?逆に小林選手dogはいつも通りの小林選手でしたsign03

収録を終えて、感想を訪ねてみると、
「緊張した~despair」と小林選手dog
「あ~リベンジしたいwobblysign01」と竹内選手dog

5

帰りに呆け防止飴cherryをいただいて、出演者の皆様と記念撮影。
出演者の皆様、スタッフの皆様、ありがとうございましたsign01

またのリベンジを期待してくださいsign01annoy

clipFacebook ★富士通フロンティアーズ
clipTwitter ★試合当日速報中!
clip富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP

| |

FRONTIERS TEAM BLOG

文化放送「まいどスポーツ」の舞台裏

1月16日(月)18:00~放送された、📻文化放送の「まいどスポーツ」。
LB#45鈴木將一郎選手dog、WR#81中村輝晃クラーク選手dogが出演させていただきましたsign01

到着すると、「優勝おめでとうございますsign01」と、出演者、スタッフの皆様に熱烈に歓迎していただき、二人とも大感激ですsign01

1

打ち合わせを終えると、すぐに本番sign01
「え?もう始まった?」と中村選手^_^sweat01

終始、岩本勉さんのマシンガントークに圧倒されながらeyeも、熱いアメフト🏈談議に花咲きましたcherryblossomsign01

clip放送の様子はこちら!

生放送を終えても、ブースの中ではまだまだおしゃべりが続き、

「楽しくてあっという間だったshine」と中村選手dog
「またここで優勝報告ができるように頑張らないとなannoy」と鈴木選手dog

ラジオを聴いていただき、アメフト🏈ファンはもちろん、全てのスポーツ好きの方に、アメフト🏈の魅力が伝わっていれば嬉しいですnote

2

clipFacebook ★富士通フロンティアーズ
clipTwitter ★試合当日速報中!
clip富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP

| |

FRONTIERS TEAM BLOG

2タッチダウン!WR#81中村輝晃クラーク選手

第70回ライスボウルでは、3本のタッチダウンをすべてパスで決めたのが印象的でした。

そのうち2本、30ヤードと51ヤードのタッチダウンパスを受けたのがWR#81中村輝晃クラーク選手です。

81_1

81_2

「2本とも、試合の流れやディフェンスの動きから、『来るかなって』思っていました。今シーズンはロングパスが思うように通ってなく、課題としていました。それがビッグゲームで決められてよかった」

と笑顔で話します。目標としていたMVPには届かなったものの、新たな目標ができたとも。

81_3

81_4

さらに、

「今季のオフェンスはきっちりと進めて得点につなげることができた。怪我人が出ても、代わりに入った選手が活躍し選手層も厚い。チームの中でもリーグの中でも1番のレシーバーになりたい」

と抱負も話してくれました。

81_5

81_6

clipFacebook ★富士通フロンティアーズ
clipTwitter ★試合当日速報中!
clip富士通FRONTIERS★Xリーグ2016特集
clip富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP

| |

FRONTIERS TEAM BLOG

気分は最高!LB#52海島希選手

52_1

「スペシャルプレーをたくさん用意する」

第70回ライスボウルで激突した関西学院大学ファイターズは、その言葉通りスペシャルプレーを多用しフロンティアーズディフェンスに挑んできました。

52_2

LB#52海島希選手はそんな攻撃を

「見た目を惑わすようなプレーが多く上手く騙された。また左右に走らされてしんどかった」

と振り返ります。

52_3

52_4

2年前は怪我で出れなかった分、今シーズンは喜びも大きいという海島選手。

シーズンを振り返り、

「リーグのシステムが変わり、ハードなスケジュールだった。怪我人もでたけど、チームがまとまって勝ち進むことができた。良いチームで日本一になれて最高!」

と笑顔をみせてくれました。

52_5

52_6

clipFacebook ★富士通フロンティアーズ
clipTwitter ★試合当日速報中!
clip富士通FRONTIERS★Xリーグ2016特集
clip富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP

| |

FRONTIERS TEAM BLOG

【ライスボウル】関西学院ファイターズ戦レポートを公開!

1月3日(火曜日)に行われた関西学院ファイターズとの一戦は、前半からロングパスが決まり、相手オフェンスを封じ込めたフロンティアーズ勝利、RICE BOWLを制しました。
みなさまの熱い声援と強いご支援でシーズンを全勝で飾ることができました。
ありがとうございます!!

1q_1

試合レポートを公開しました。是非、ご覧くださいませ!
clipライスボウル vs関西学院ファイターズ

今シーズン、フロンティアーズと共に過ごしていただいてありがとうございました。
心より御礼申し上げます。
来季も精進してまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

clipFacebook ★富士通フロンティアーズ
clipTwitter ★試合当日速報中!
clip富士通FRONTIERS★Xリーグ2016特集
clip富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP

| |

FRONTIERS TEAM BLOG

1ヤードの攻防

ジャパンXボウルでは、シーガルズオフェンスを3点に抑えたフロンティアーズディフェンス。

28

終始、気迫溢れるプレーがみられました。なかでも印象的だったのが、3Q最初のシリーズ。

43

一度はパントに追い込んだものの、相手のスナップが乱れたことで、パントをブロック。しかし、このボールを抑えたのがシーガルズオフェンスで、フロンティアーズ陣内までボールを運ばれファーストダウンを更新されてしまいます。

1

勢いにのるシーガルズは、その後もプレーを成功させゴール前1ヤードでファーストダウンを更新します。残り1ヤード、まずはど真ん中のランプレーでしたが、真っ向勝負を受けきってノーゲイン。

2

セカンドダウンはレシーバーへ短いバックパス、ボールを受けたレシーバーが右サイドへ回りましたが、ギリギリのところでタックル。そしてサードダウン。

3

再びインサイドのランプレーにでたシーガルズをまたも押し戻し、タッチダウンを許しませんでした。フロンティアーズは直後のシリーズでタッチダウン。チームに勢いを与えるプレーだったと思います。

29

clipFacebook ★富士通フロンティアーズ
clipTwitter ★試合当日速報中!
clip富士通FRONTIERS★Xリーグ2016特集
clip富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP

| |

FRONTIERS TEAM BLOG

勝利の鍵は「一体感」

先日行われたジャパンXボウル。
勝因は、選手の実力?コーチの立てた戦術・戦略?スタッフのサポート力?
もちろんそれだけではありませんpaper

確実に相手を上回ったのは・・・・
一体感dog

フロンティアーズdogファミリーのみなさんの後押しがあってこそ、勝利を手にできました!
フロンティアーズに関わる全ての方々の「一体感」こそ、勝利の鍵に違いありません。

選手入場時には、Xリーグ史上初、1万人の「コレオグラフィー」を実施。
スタンドのみなさんの想いは、こんな風に選手に映っていました。
とても心強く、とても熱い気持ちになりました!

1

スタンドで一緒に戦ってくれたみなさまも、テレビの前で勝利を信じてくれたみなさまも、フロンティアーズにとって大事な戦力であり、大事な大事な「ファミリーheart01」です。

あと一戦、真の日本一になるまで、一緒に戦っていきましょう!
Go! Gosign01 FRONTIERS Familysign03

2

clipFacebook ★富士通フロンティアーズ
clipTwitter ★試合当日速報中!
clip富士通FRONTIERS★Xリーグ2016特集
clip富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP

| |

FRONTIERS TEAM BLOG

QB#3コービー・キャメロン選手がMVP

2年ぶり2度目のジャパンXボウル制覇を成し遂げたフロンティアーズその試合でMVPを獲得したのは、QB#3コービー・キャメロン選手dogでした。

6

この日は20回のパスを試みて11回成功、116ヤードを獲得impact。一方で10回のランプレーを繰り出し、56ヤードを獲得していますshine

2

なかでも印象に残ったのが2Qの26ヤードのランプレーrun。自陣37ヤードからはじまったシリーズで、敵陣へ込め込んだものの、ファーストダウンでQBサックを受け10ヤード下げられると、セカンドダウンでパスに失敗sweat01

3

サードダウン20ヤードとなって、パスを投げようとするもレシーバーが見つからず、スクランブル発進。パスカバーでディフェンスがいなくなったスペースを走り、ファーストダウンを更新。フィールドゴールに結び付けましたflair

4

ライスボウルでも、“勝ちにこだわる”司令塔のプレーrunに注目eyeです。

5

clipFacebook ★富士通フロンティアーズ
clipTwitter ★試合当日速報中!
clip富士通FRONTIERS★Xリーグ2016特集
clip富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP

| |

FRONTIERS TEAM BLOG

【Xリーグ2016】オービックシーガルズ戦レポートを公開!

12月12日(月曜日)に行われたオービックシーガルズとのJAPAN X BOWLは、地道に得点を重ね、堅守でタッチダウンを許さなかったフロンティアーズが王座奪還に成功しましたsign03
みなさまの熱い声援と強いご支援をありがとうございます!!

1q_1

試合レポートを公開しました。是非、ご覧くださいませ!
clipJAPAN X BOWL vsオービックシーガルズ

次は1月3(火)、15時から甲子園ボウルの勝者とのRICE BOWL@東京ドームです。
来年も引き続き、熱い応援をどうぞよろしくお願い致します。

clipFacebook ★富士通フロンティアーズ
clipTwitter ★試合当日速報中!
clip富士通FRONTIERS★Xリーグ2016特集
clip富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP

| |

より以前の記事一覧

このページの先頭へ