前の記事へ

次の記事へ

FRONTIERS TEAM BLOG

コーチ平井基之のチャレンジ

5月21日(日)の試合は、「チャレンジの日」というイベントテーマになっています。
そこで、この「チャレンジの日」にちなみ、フロンティアーズメンバーの新たなチャレンジについてご紹介します!
clip「チャレンジの日」イベント情報詳細はコチラ


昨シーズンで現役選手を引退し、今年からコーチとして、新たなるスタートを切った平井基之dogDLコーチ。選手時代とは全く別のミッションを背負う彼のチャレンジについて、マネージャー田中美久virgoが聞いてみた。

Hirai

mobaq現役時代から「引退後はコーチになろうと考えていましたか?

引退前から考えてた。
2011年のW杯の後ぐらいから「フットボールをいつまでやるんかな」みたいな感じで徐々に考え始めた。フットボールに関わって、これまで色々な経験して、フットボール以外の部分でも成長させてもらったと思っていて。コーチになったのは、フットボール界の発展やフロンティアーズの強化の為に、何か恩返ししたいという気持ちがあったから。人に教えるということも嫌いじゃなかったし。

mobaq実際にコーチ業はどうですか?

大変やな!(笑)
自分で自分の動きを評価するのは簡単だけど、他人の動きを評価することは案外難しくて。選手が良くないプレーをした時に、「なぜこう動いたのか?」とか「なんでこの癖が直らないのか?」という事をコーチが理解しないと、改善に向けたアプローチができないと思うし。しっかり理解してから伝えてあげるようと思って。
難しさの半面、教えた選手が良いプレーをしたり、指摘した点が直っていたりすることは、とても嬉しい!自分が良いプレーした時とは比べられないけど、意外と同じくらいの嬉しさかもしれない。先日の試合での#43高谷のサックは嬉しかったな。

mobaqコーチ1年目、今年の目標は?

担当しているポジションの選手を活躍させること。彼らをどれだけ成長させることが出来たかというのが、コーチとしての自身の評価だと思うし。だから担当ポジジョンに責任を持って取り組みたい。Japan X Bowl(社会人選手権)かRice Bowl(日本選手権)で、教えているポジションの選手がMVPに選ばれるとかが、具体的な目標かな。
あと、自分自身がコーチとして少しずつ学んでいくこと。藤田ヘッドコーチや延原ディフェンスコーディネーターから、色んなことを盗んで吸収する1年にしたい。

clipFacebook ★富士通フロンティアーズ
clipTwitter ★公式アカウント
clip富士通FRONTIERS★パールボウル2017特集
clip富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP

| |

前の記事へ

次の記事へ

このページの先頭へ