前の記事へ

次の記事へ

FRONTIERS TEAM BLOG

#23奥田凌大のチャレンジ

5月21日(日)の試合は、「チャレンジの日」というイベントテーマになっています。
そこで、この「チャレンジの日」にちなみ、フロンティアーズメンバーの新たなチャレンジについてご紹介します!
clip「チャレンジの日」イベント情報詳細はコチラ


23_2

今年から背番号を25から23に変更し、CB(コーナーバック)だけではなく、リターナーとしても新たなるチャレンジに挑んでいる#23奥田凌大dog。マネージャー尾平野真央virgoが、彼のチャレンジについて聞いてみた。

mobaqリターナーをやることになったきっかけは?

きっかけは、コーチから、今シーズンリターナーをやってみないかと声をかけていただいたことです。リターナーの経験は高校の時に少しやったことがあるくらいで、ほとんどなかったので、かなり驚いたんですけど・・・。
リターナーってすごく目立つポジションですし、チームの中では層も厚いポジションというイメージで、うれしさ半分、プレッシャー半分という感じでした。ディフェンスでは、普段受け身なことも多いんですけど、リターナーは攻められるから、そこも楽しそうだなと思いましたね。

mobaqリターナーをはじめて、課題はどんなところ?

キャッチについては、学生の時にレシーバーもやっていたこともあり、多少自信はありますが、パントはボールが不規則に飛んでくるので、難しいなと感じています。キャッチのあとのリターンは、課題だらけですけど、練習あるのみかなと思います!

23_1

mobaq前回の試合がリターナーとしてのデビュー戦。どうだった?

かなり緊張していたんですが、藤田ヘッドコーチが緊張をほぐすためか、「そんなに期待してないから(笑)」 と言ってくださって!(笑)
とにかく堅実にプレーしようと思っていたのですが、自分のほうにボールが来たときは、「よし!」と思いました!大きくリターンできた時は、サイドラインや観客席とかも盛り上がっているのがわかって、かなり気持ちよかったです。リターンタッチダウンできなかったのが心残りなので、次回はリターンタッチダウンを狙って攻めていきたいです!

mobaq今後の意気込みを教えて!

CB以外のポジションをやるようになって、アメリカンフットボールの面白さを更に実感しています。試合の様々な場面で活躍できるマルチプレーヤーとして、勝利に貢献していきたいです!

clipFacebook ★富士通フロンティアーズ
clipTwitter ★公式アカウント
clip富士通FRONTIERS★パールボウル2017特集
clip富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP

| |

前の記事へ

次の記事へ

このページの先頭へ