前の記事へ

次の記事へ

FRONTIERS TEAM BLOG

フロンティアーズ、走り方を学ぶ!

先日引退された、北京オリンピック4×100mリレー銅メダリスト🏅の
塚原直貴さんshineが練習見学にいらっしゃいました。

練習後には塚原さんがおこなっていた練習やトレーニングを教わったり
フロンティアーズdogの選手の走り方を見て、より早く走るコツも教わりましたsign01

#23奥田選手dogの走り方は、
「腕の振りが小さい」かつ「上半身のぶれが大きい」とのことで、
早速改善に向け取り組み、「次はリターンタッチダウンできるね」と
周りの選手から茶化される#23奥田選手dog^^

最初はRBから始まり、DBの選手も加わり、
徐々にWR、LB、DLまで、たくさんの選手が集まりました。

1

藤田HCdogもかなりの前のめりです!

塚原さんの肩甲骨周りと股関節の柔らかさに、
選手たちは非常に驚いて、「どうやって柔らかくなったんですか?」など質問が殺到dash

2

「やっぱり世界のアスリートはすごいな~」と、
勉強になった1日でしたnote

ということで、 次戦は選手達の走りにもご注目くださいね^^



■塚原さんからも感想をいただきました!

フロンティアーズdogファンの皆様、初めまして!
私は昨年11月に引退を表明し、2017年3月末を以って
富士通陸上部を退部した塚原直貴です。

フロンティアーズdogには、外国人選手もいて、雰囲気は常に噴火している活火山のようで、
クラブハウスは熱気ムンムンでした。

「見学」のつもりで行ったのですがまさかの逆指名w
選手のみならずコーチからも質問がバンバン飛んできてとても嬉かったです。
選手よりも特にコーチからのアプローチが激しく、私も思わず気持ちが入ってしまい、
熱いコーチングをさせていただきました。
こういう所にチームのエネルギッシュさを感じました。

日本ではアメリカンフットボールへの興味関心度は「熱狂的」とまではいかないようですが、
僕の中では、最初に見たアメフトは本場アメリカだったということもあり、
とてもメジャーなスポーツでした。

フロンティアーズdogは、今シーズンも直近のパールボウル優勝に向けて
チーム一丸となっていました。
その中でスプリンターがアメフトプレイヤーとのコラボし、
チーム力向上に向けて協力していけたらと思います。

これからも定期的にコーチングしていきたいと思いますので、
フロンティアーズdogファンの皆様にも「協力者」の一人として
温かく迎え入れてもらえたらウレシイデス!

以上!
塚原直貴でしたー!

clipFacebook ★富士通フロンティアーズ
clipTwitter ★試合当日速報中!
clip富士通FRONTIERS★パールボウル2017特集
clip富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP

| |

前の記事へ

次の記事へ

このページの先頭へ