前の月へ

次の月へ

2016年11月

FRONTIERS TEAM BLOG

【Xリーグ2016】IBMビッグブルー戦レポートを公開!

11月27日(日曜日)に行われたIBMビッグブルーとの接戦は、勝利への道筋を見出したフロンティアーズがラスト5秒で逆転し、JAPAN X BOWLへと駒を進めました。
みなさまの熱い声援と強いご支援をありがとうございます!!

4q_2

試合レポートを公開しました。是非、ご覧くださいませ!
clipJXBトーナメントセミファイナル vsIBMビッグブルー

次節は12月12(月)、19時からービックシーガルズとの決戦@東京ドームです。
熱い応援をどうぞよろしくお願い致します。

clipFacebook ★富士通フロンティアーズ
clipTwitter ★試合当日速報中!
clip富士通FRONTIERS★Xリーグ2016特集
clip富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP

| |

FRONTIERS TEAM BLOG

マネージャー特集(*^▽^*)「役割分担が大事なこのスポーツで、チームの力になれることが嬉しい」

みなさん、こんにちはhappy02

今回は、富士通フロンティア―ズdogを陰ながら支えるマネージャー、大城戸さん、尾平野さんにインタビュー!

実はこの2人、普段は別会社で働きながらも、試合の時には荷物の積み下ろし、ベンチの設営、各種器材の準備、試合中はビデオの撮影や不測の事態への対応等、その役割は多岐にわたりチームにとってなくてはならない存在となっています。そんな彼女たちのフロンティアーズへの熱い想いや、マネージャーの本音を聞きましたheart

Photo_2

―――普段はどんな仕事をされているかのですか?

尾平野 真央(おひらのまお)さん:保険会社で営業の仕事をしています。

Photo_3

大城戸 彩子(おおきどあやこ)さん:アパレル会社で人事の仕事をしています。

Photo_2
―――どういった経緯で、このフロンティアーズで活動することになったのか教えてください。

尾平野さん:大学時代にアメフト部のマネージャーをしていたので、大学卒業後も週末に大学・社会人の試合をよく観戦に行っていました。そのなかで、またマネージャーをやりたいという気持ちになり、「せっかくやるなら強いチームで」と思っていたら、富士通フロンティアーズとご縁があり、入部させていただきました。

大城戸さん:私も大学時代にアメフト部のマネージャーをしていました。そんなに強いチームではなかったですが、マネージャーの仕事が楽しくて大好きでした。大学卒業後3年くらいは普通に働いていたのですが、大学の先輩に富士通フロンティアーズを大好きな方がいて、一緒に観戦へ行っているうちに、マネージャーが楽しそうで入部を決めました。

―――実際に試合当日は、どんな役割を担当していますか?

尾平野さん:昨年に比べて出来ることの幅が広がり、今年は主にビデオ撮影を担当するようになりました。
選手やコーチが試合の反省や今後の戦術を決めるのために観る大事なものなので責任を感じるとともにとてもやりがいも感じています。

大城戸さん:入部して6年目ということもあり、決められた役割をこなすというよりは、幅広く色々なことを担当させていただいています。
尾平野さんをはじめ若いスタッフが本当にしっかりしているので、みんなを見守っているだけかもしれません(笑)

―――仕事のやりがいはどこにありますか?

尾平野さん:私はアメフトというスポーツが大好きなので、役割分担が大事なこのスポーツで、チームの力になれることが嬉しいです。

―――逆につらいことはありますか?

大城戸さん:好きでお手伝いさせてもらっているので、忙しくても辛いとか嫌だと思ったことは一度もないです。

―――アメフトの魅力を教えてください。

尾平野さん:総力戦なところですね。得点の取り方や時間の使い方など戦術的な部分だったり、マニアックですが、選手同士がぶつかる音が好きです(笑)とてもすっきりしますheart

大城戸さん:私もheart(笑)

Photo_7

―――チームに対する想いを教えてください。

尾平野さん:もっと忍耐強いチームにしたいと思っています。選手が力を出すべきところで力を出せるようにサポートしたいですね!

大城戸さん:私は、ただ勝って欲しいと常に願っています!

―――富士通ファンの印象、またファンに向けてのメッセージをお願いします。

尾平野さん:いつも応援ありがとうございます。私もアメフトというスポーツが本当に好きで、ファンとして試合を見ていた時間も長いので、チームを応援する気持ちはすごくわかります。今は試合を戦うチームの一員として、そういったファンの方々を満足させられるように、一生懸命サポートしていきたいと思います。

大城戸さん:いつも応援ありがとうございます。寒いときや足元の悪い中でもスタジアムに応援に来ていただき本当に感謝しています。私は何度も、試合の大切な場面でファンの皆さんの声援がチームの雰囲気を変え、選手たちが勢いに乗る瞬間を見てきました。その声こそが、チームに命を与え、いつも勝利に導いてくれていると信じています。
今年も優勝を目指して全力を尽くしますので、引き続き応援よろしくお願いいたします!

――――――――――――――――――――

富士通フロンティア―ズは本当に多くの方に支えられています!

是非、試合で恩返しができるように選手・スタッフ一同一丸となって頑張っていきますので、今後ともよろしくお願いいたしますdog

| |

FRONTIERS TEAM BLOG

ビッグプレー連発!!

11月12日(土曜日)に行われたJXBトーナメントクォーターファイナル、アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ戦では、ディフェンスが2つのパスインターセプトリターンタッチダウンを含む4つのターンオーバー、オフェンスもパスとランでそれぞれロングゲインをするなど、ビッグプレーを連発したフロンティアーズdog

どれも印象的なプレーでしたが、先制点につながったロングパスは圧巻でした。1Qも残り時間が少なくなって迎えた敵陣38ヤードからのファーストダウンthunder

チャレンジャーズディフェンスに迫られ、体勢を崩しながらQB#3キャメロンが投げたボールは、大きな弧を描いてゴール前に走り込む#81中村選手へ。

2

しかし、相手ディフェンスが前に入り先にボールにタッチ。

インターセプトsign01

かと思われましたが、キャッチすることはできず、弾いたところを中村選手が抑えたのでしたsign03

ぎりぎりのプレーを成功させ、チームに勢いを与えたプレーだったと思いますimpact

1

clipFacebook ★富士通フロンティアーズ
clipTwitter ★試合当日速報中!
clip富士通FRONTIERS★Xリーグ2016特集
clip富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP

| |

FRONTIERS TEAM BLOG

次戦も狙います!#28石井選手

11月12日(土曜日)に行われたJXBトーナメントクォーターファイナル、アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ戦annoyでは4つのパスインターセプトを奪ったフロンティアーズdog。その内の2つはディフェンスバック#28石井悠貴選手が記録しましたshine

28_1

「インターセプト出来たのは嬉しいですが、2つとも味方がサポートしてくれて、オイシイところをもらったプレー。今度は、しっかりとレシーバーに飛んできたボールを奪いたい」

とプレーを振り返る石井選手dog

28_3

次戦に向けての抱負を聞くと、

「今日の試合に勝てたことは素直に嬉しいですが、最後にタッチダウンを奪われたのは僕のサイド。もっと努力しないといけないと思っています。次戦はパスで攻撃を組み立ててくるチームが相手。しっかりとレシーバーをカバーして、チームを盛り上げるプレーをしたいですpunch

28_2

clipFacebook ★富士通フロンティアーズ
clipTwitter ★試合当日速報中!
clip富士通FRONTIERS★Xリーグ2016特集
clip富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP

| |

FRONTIERS TEAM BLOG

フロンティーの徒然日記(No.006)

3こんにちはsign01
週末の練習風景をお届けする、フロンティーの徒然日記!

日曜は久しぶりに気温も上がり、小春日和の中の練習でしたsun

いよいよ次はセミファイナルsign03
良い雰囲気でセミファイナルに向けた練習を行っていました。

今日の練習後は、なんとsign01
果物の差し入れをいただきましたsign01

厳しいシーズンが続きますが、いただいた果物を食べて、みんな元気いっぱいですsign01
#45鈴木主将は、僕が食べられるように梨を切ってくれたよnote

1_2

#52海島裕希選手も、フルーツをもらってうれしそうnote

2

応援してくださる皆さんに感謝して、今後のシーズンも頑張ります!

clipFacebook ★富士通フロンティアーズ
clipTwitter ★試合当日速報中!
clip富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP

| |

FRONTIERS TEAM BLOG

お母さん、いつもありがとう

こんにちはhappy01
フロンティアーズマネージャーdogです。

先日、かわさきFM(79.1MHz)「フジフジのfun fun Tuesday」内のフロンティアーズレギュラーコーナー「Touchdown Radio」に出演した、#4宜本慎平dog選手と#9宜本潤平dog選手。

1

ラジオの本番を終えて、「お疲れ様でした~shine」と声をかけると。

#4dog「あ、、、お母さんいつもありがとーって言うの忘れてもうたわeyesweat02
#9dog「あ、ほんまやeyesweat01

どうやら、ふたりでお母さんに日頃の感謝heart04を伝えることを計画flairしていたようです。

そこで「facebookアップする時に、書いておきますねsign01
私はそう約束したのに、、、、書き忘れてアップしてしまいましたcoldsweats02
宜本dogdog兄弟、すみませんcrying

そして、この場をお借りして、
宜本dogdog兄弟より、お母様への感謝をお伝えさせていただきます。

dogdog「お母さん、いつもありがとうsign03

clipFacebook ★富士通フロンティアーズ
clipTwitter ★試合当日速報中!
clip富士通FRONTIERS★Xリーグ2016特集
clip富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP

| |

FRONTIERS TEAM BLOG

【Xリーグ2016】アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ戦レポートを公開!

11月12日(土曜日)に行われたアサヒ飲料クラブチャレンジャーズとの対戦は、苦しい時間を耐え抜いたフロンティアーズが勝利し、セミファイナルへと駒を進めました。
みなさまの熱い声援と強いご支援をありがとうございます!!

4q_2

試合レポートを公開しました。是非、ご覧くださいませ!
clipJXBトーナメントクォーターファイナル vsアサヒ飲料クラブチャレンジャーズ

次節は11月27(日)、13時からIBMビッグブルーとの対戦@富士通スタジアム川崎です。
熱い応援をどうぞよろしくお願い致します。

clipFacebook ★富士通フロンティアーズ
clipTwitter ★試合当日速報中!
clip富士通FRONTIERS★Xリーグ2016特集
clip富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP

| |

FRONTIERS TEAM BLOG

勝ててホッとしています。 #72小林選手

10月30日におこなわれたノジマ相模原ライズ戦は、最終Q残り2分を切ってから逆転し、勝利を手にしたフロンティアーズdog

72_1

印象的なオフェンスを支えたOL #72小林祐太郎選手を試合後に直撃すると

「勝ててホッとしています、結果が出せて良かった」

と第一声が。

逆転を果たしたオフェンスは、

「いつもああいったシチュエーションを意識しながら練習しているので、1つずつやるしかないと思ってプレーしていました。オフェンス全体が上手く機能した2分間だったと思います」

と振り返ります。

一方で、

「オフェンスが上手く噛み合ってなく、もどかしい時間が続いた」

と課題もハッキリとしている様子。

72_2

トーナメントヘ向けて

「勝つのは絶対なんですが、あまり意識せずプレーしたい。やることをやれば結果もついてくるはず。冷静にやりたい」

と話してくれましたdog

clipFacebook ★富士通フロンティアーズ
clipTwitter ★試合当日速報中!
clip富士通FRONTIERS★Xリーグ2016特集
clip富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP

| |

FRONTIERS TEAM BLOG

会場の雰囲気を変えるプレーがしたい! #35竹内選手

10月30日におこなわれたノジマ相模原ライズ戦にて6連勝を果たした富士通フロンティアーズdog

今季より対戦方式が変わり、多くの試合でどっちが勝ってもおかしくない接戦が見られました。

そんな接戦を制してきた要因をLB #35竹内修平選手に聞くと、

「普段から自分のプレーに集中していることで、自信になって、強さが出ているんじゃないかと思います。1つ1つのプレーを積み上げ、勝利してきたことでチームの雰囲気も良くなっています。次も集中してやっていきたい」

と、話します。

35_1

さらにトーナメントへ向けての意気込みを聞くと、

「もっと目立ったプレーをしたいですね。1発で会場の雰囲気を変える、気持ちの伝わるプレーが、それが自分らしさでもあると思うので。そんなプレーをするためにも、しっかりと準備をして、イメージして、試合に挑みたい」

と語ってくれましたdog

clipFacebook ★富士通フロンティアーズ
clipTwitter ★試合当日速報中!
clip富士通FRONTIERS★Xリーグ2016特集
clip富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP

| |

前の月へ

次の月へ

このページの先頭へ