前の記事へ

次の記事へ

FRONTIERS TEAM BLOG

世界選手権NEWS!!

2015年7月18日に閉幕いたしました、第五回IAFAアメリカンフットボール世界選手権。
優勝をかけた決勝戦、日本vsアメリカの試合のレポートをお伝えいたします。

■決勝戦レポート
アメリカのキックオフにより試合開始。直後、日本の攻撃は、テンポ良くファーストダウンを更新していくが、一瞬の隙を突かれ、インターセプトタッチダウンを奪われ、先制を許す。

その後もアメリカは、パス攻撃で確実にファーストダウンを更新し、タッチダウンに結びつける。日本は、なかなかファーストダウンを更新できずに攻撃権を奪われる展開へ。

第2クォーター、日本に最初の得点が入る。#22宜本選手(※今大会#1)への25ヤードタッチダウンパスで、31-6。 日本は第三クォーターにも6点追加するも、その後は攻めきれず、ファンブルなどのミスにより得点を奪われるなど、攻守共にアメリカに押される形で、最終スコア12-59で敗戦となった。

1

日本チームの目標である、「アメリカに勝利し、優勝」は叶わなかったが、#45鈴木選手、#13平井選手らベテラン勢の安定した活躍だけではなく、宜本選手のタッチダウンや#35竹内選手の5タックルなど、初出場の若手選手の活躍も目立った。また、#75勝山選手(※今大会#79)は、大会のオールトーナメント(オフェンスベスト11)にも選出された。

銀メダルという結果であったものの、こういった若手選手の台頭は、日本チームの大きな収穫である。同時に、4年後の世界選手権でのアメリカへの勝利、そして優勝に期待が持てる大会となった。

■勝山選手、決勝戦の感想
全員が勝てるという自信を持って試合に挑みました。負けてしまいましたが、オフェンス、ディフェンス、キック全てにおいて、良いプレーも多々あり、アメリカンフットボールの本場アメリカに対しても、通用するという確信を得られた試合でした。

今大会は終わってしまいましたが、日本のアメリカンフットボールは必ず世界に通用すると感じたので、次の大会では必ずアメリカに勝ち、金メダルを取れるようこれからも頑張ります! フロンティアーズファミリーの皆様、応援ありがとうございました!!

今大会に出場したフロンティアーズ日本代表選手13名+韓国代表3名は、世界と戦うことで多くの収穫が得られたそうです。この貴重な経験を武器に、まずは今秋のリーグ戦でどういう戦いを見せてくれるのか、ご期待ください!

2

clipTwitter ★試合当日速報中!
clip富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP

| |

前の記事へ

次の記事へ

このページの先頭へ