前の記事へ

次の記事へ

FRONTIERS TEAM BLOG

“簡単には倒れない”ランプレー

6連勝を飾り活気づくフロンティアーズ。

1日のシルバースター戦では、ランニングバックの面々が躍動、ランプレーで7つのタッチダウンを奪いました。

04

06

この日、フィールドに立った3人のランニングバックが走った総距離は326ヤード。特に後半3つのタッチダウンを決めた#32後藤選手は158ヤードと走りに走ったのです。

05

「後半はリードを守り、試合をコントロールするためにもランプレーを多用する作戦でした。当然、相手ディフェンスのプレシャーも強くなります。しかし、そんな『次もランで来る』と思われている時こそ、モチベーションも上がり集中力も高まります。今日は準備してきたことが結果につながりました。次戦もチャンスがあれば、“簡単には倒れない”自分の持ち味を発揮したいです」(#32後藤選手)

07

フロンティアーズの選手層の厚さを感じました。

clipTwitter ★試合当日速報中!
clip富士通FRONTIERS★Xリーグ2014特集
clip富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP

| |

前の記事へ

次の記事へ

このページの先頭へ