前の記事へ

次の記事へ

FRONTIERS TEAM BLOG

ポジション紹介 - LB編

フロンティアーズファンの皆様、いつも熱いご声援ありがとうございますsign03
#41木下でございます。

今回は守備の要、ディフェンスのブレイン、shine影の花形shineであるLB(ラインバッカー)の選手達をご紹介しますhappy01

が、その前に、

LBとは何ぞやという方のために、簡単にLBの説明をいたしますconfident

LBとはディフェンスの2列目にいるthree人を指し、ランプレー、パスプレー両方に参加し、オフェンスラインと戦うパワーとレシーバー、ランニングバックに負けないスピードが必要なスーパーアスリート集団ですup

LBの中でも細かくポジションが決まっており、ボールを中心に広いサイドを守るWilly(ウィリー)、狭いサイドを守るSam(サム)、フィールド全体を守り、司令塔の役割も担うMike(マイク)のthreeつに分かれます。

001_2

ですので、LBと言っても色んな人がいます。
では、そんなLBの個性豊かな選手達を紹介していきましょうsmile

002_2

まずは日本を代表するLB、フロンティアーズ最年長の#45鈴木 將一郎。
すべてのブロッカーを薙ぎ倒し、ボールキャリアに襲い掛かる姿はまさに「ビーストleo」の名を欲しいままにしているpunch

そして、フロンティアーズディフェンスの司令塔、#5青木 悠二。
副将でもある彼のリーダーシップはまさに神レベルsign03
飲み会でも「笑いのコンサルタント」としてタクトを振るう生粋の指揮者note
チームを勝利に導くキーマンです。

フロンティアーズLBのtwo枚看板にご注目くださいsign03

003_2

続いては中堅の星。そのアグレッシブな姿勢で、ランプレーに対して絶大な強さを誇る「破壊王crown」こと#3上野 慶州は、今日も愛車carの手入れに余念がない。

パワーとスピードを兼ね備え、どんな不利な状況に陥っても、自らの身体能力で打破していく、#54高崎 顕信は「鉄人pout」と呼ばれている。
あとはセンスを磨くだけだrock

そして、今回の筆者でもあり、日本のサブカルチャーをこよなく愛する#41木下 恵一朗は、同期の#54高崎とは逆にセンスだけで色々ごまかしているcoldsweats01
仕事、アメフト、家庭、ゲーム、漫画、アニメのsix足のわらじを履いてがんばっている。

中堅3人が哀愁maple漂うプレーをお見せします。
004
やってきました、次世代のフロンティアーズLBを担う同期three人組。
#8数田 良仁は2年連続LBパートリーダーを務める、信頼の厚い次期リーダー。
彼のハードタックルは要チェックeyeglassshine

#51芹澤 隆文は「歩くスパコン」と呼ばれており、自身の持つ大量データから相手オフェンスを丸裸にし、全プレーを言い当てる。
ハードヒットを信条とするパワープレーヤーでもあるdelicious

#54海島 裕希は小学校three年生からのアメフト経験に裏付けられた正確なプレー判断と、センス溢れるプレーでディフェンスを引っ張る。

今年、three人揃って入籍ringをしたことで幸せ一杯なのは言うまでもないheart04
005
最後は勢いのある、若手three人衆。

昨年、ディフェンスラインから移籍してきた#95前田 和律はその長い手足を上手に使ってがんばっている、今期一番の成長株up
試合で活躍必至。

#49浦川 貴史は地味にビッグプレーを重ねる、次期司令塔筆頭eye
パワー、スピード、センスの三拍子揃った数少ない選手だが、あまりそうは見えない。
……人は見かけによらないのだcoldsweats02

たぐい稀なる身体能力を有し、その嗅覚はボールの位置を正確に捉え、広大なフィールドの8割を守備範囲とする彼の前では、野生のチーターも尻尾を巻いて逃げ出すと言われ、人類最強の呼び声も高いフットボール界の宝present

「世界のTAKEUCHI」こと、#35竹内 修平。優勝crownの行方は、彼の活躍にかかっているpunch

フロンティアーズLBは以上oneone名で今年も優勝目指してがんばりますsmilerockshine

ぜひ、試合会場にお越しいただき、LB達の活躍を生で楽しんでいただければと思いますconfident

それではまたお会いしましょうhappy01paper

006

| |

前の記事へ

次の記事へ

このページの先頭へ