前の記事へ

次の記事へ

FRONTIERS TEAM BLOG

PLAYER'S VOICE-番外編5-

「PLAYER'S VOICE」番外編第5弾は、ストレングスコーチです。

2

※加藤コーチ(下)と森本コーチ(上)

フロンティアーズの“レジェンド”と呼ばれ、RB(ランニングバック)として数々の記録を残した森本コーチ。
そして、陸上の名門・順天堂大学の出身で、社会人からアメフトを始めた加藤コーチ。そんな2人のストレングスコーチに3つの質問!

mobaq1:フロンティアーズでこれだけは負けないっていうところは?
A:森本コーチ:頑固さ!
      ちなみに現役時代であれば、秋季リーグ連続試合出場回数!
      2年目から引退するまで秋の試合を休んだことがないはずです・・・。
      1年目は元気でしたが、あまり試合に出してもらえなかっただけです。
加藤コーチ:楽しそうにトレーニングする姿は誰にも負けません。

mobaq2:トレーニングを継続するため(させるため)のポイントは?
A:森本コーチ:効果を実感できれば、続けれると思います。特に見た目が変われば・・・
  加藤コーチ:迷っている選手にアドバイスをして、選手がプレーしてみたら結果が出たとき。

mobaq3:「PLAYER'S VOICE」番外編4のディフェンスコーチを代表して、延原コーチからの質問です。
  ウェイトルームを綺麗に保つコツを教えて下さい!
A:森本コーチ:加藤と二人で作り上げた部屋なので、とても愛着があって綺麗にしたくなります。
  加藤コーチ:森本コーチと掃除機をかける!

選手出身のコーチだからこそ出来る指導で、時には厳しく、そして時には選手の気持ちになって接する森本コーチと加藤コーチ。
選手がフィールドで最高のパフォーマンスが出来る裏には、プレーを指導するコーチだけでなく、ストレングスコーチの活躍がありますshine

今シーズンはチーム一丸となってトレーニングに取り組んだシーズンでもあります。
その結果をフィールドで選手たちが体現しますので、ぜひご注目下さいsign03

| |

前の記事へ

次の記事へ

このページの先頭へ