前の記事へ

次の記事へ

FRONTIERS TEAM BLOG

立命館宇治高校クリニック

先日、立命館宇治高校パンサーズを対象にクリニックを行いました。
参加してくれたのは約50名高校生flair

そして、フロンティアーズからは、
立命館大学パンサーズ出身の選手を中心に9名が参加しましたsign01

立命館出身の青木コーチ、河瀬コーチ、#12宜本選手、#13平井選手、#21今井選手
#55海島選手、#60安木選手、そして藤田ヘッドコーチと山本コーチの9名。

Photo3 ※左から、山本、青木、宜本、平井、海島、安木、今井、河瀬

立命館宇治高校は立命館大学の附属の高校で、
昨年の全国大会でベスト4に入るほどの強豪チームsign03
フロンティアーズの#21今井選手、#14福島選手、#41木下選手の母校でもあります。
(この日、福島・木下選手は仕事で参加できませんでしたが…think

関西からの移動日に行われたクリニックですが、さすがは高校生shine
移動の疲れを感じさせないほど、元気いっぱいに参加してくれました。

そして、全国大会に出場するチームだけあって、とにかくうまいsign03
とても高校生とは思えないクリニックでした。

こちらはDLのクリニック風景。

Photo4 ※セットしてるのが平井選手

クリニックの様子を取材していていつも思うのですが、
平井選手の説明はとにかく分かりやすいsign01
アメフト素人が聞いていても「なるほど~」とうなずいてしまう説明。

そして、世界選手権出場選手ということもあって、
選手たちの説明を聞く姿は真剣そのもの。

そしてこちらはWRのクリニック風景(写真左が河瀬、右が宜本)。

Photo5

Photo6

宜本選手「俺たちもブログ載せてやー」
そういって、カメラを意識中!

そんな宜本選手も、クリニックが進むにつれて熱が入ります。

Photo7

選手たちの1プレー1プレーに対してアドバイス。
言葉だけでなく、実演しながら指導していきます。

今回のクリニックは2時間弱という限られた時間でしたが、
とても有意義なクリニックとなりました。

選手の皆さん、未来のXリーガー目指して練習頑張ってくださいhappy01

| |

前の記事へ

次の記事へ

このページの先頭へ