FRONTIERS TEAM BLOG

K#25大塚健一選手「思い切ったキックが蹴れるように」

悔しい結果となった5月21日(日曜日)のノジマ相模原ライズ戦、新人のキッカー#25大塚選手も、気持ちが晴れないプレー内容だった。

25_1

最終クォーター、チームがリターンタッチダウンを決め、流れをつかむかと思われたところで、トライフォーポイントのキックを外してしまったのだ。

大塚選手は、「決めたいという思いが強くなって力み過ぎてしまった。完全に自分自身のミス。次は挽回したい」

突如、飛び出たビッグプレー後のキック、十分な準備ができていなかったのかもしれない。

社会人で2試合を終えて、今のリズムに慣れるのも大切なこと。

「周りにすごい選手がたくさんいるので、雰囲気にのまれているところがあります。また時間をうまく使って、練習の量や質を上げることも考えています。思い切ったキックが蹴れるように、しっかりと準備したいです」

精度を高めるのが目下の課題だ。

25_2

clipFacebook ★富士通フロンティアーズ
clipTwitter ★公式アカウント
clip富士通FRONTIERS★Xパールボウル2017&東日本交流戦特集
clip富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP

| |

FRONTIERS TEAM BLOG

DB#31奥野敬介選手「外国人にも負けないタックル」

「良いプレーもあったけど、それが続かなかった」

と藤田HCが振り返った5月21日(日曜日)のノジマ相模原ライズ戦。

1QにDB#31奥野選手がみせたパスインターセプトは、誰の目にも明らかなファインプレーだった。

31_1

奥野選手は、「『狙っていた』と言うよりは、無理に投げてきたパスだったので、取れて良かったです。インターセプトは、自分自身の気持ちが高まるし、チームにも勢いが付くプレー、また試合でできるようにしたい」

今後はフィジカルとメンタル、双方のレベルアップを目指す。

「外国人選手でも、1発のタックルで仕留められるようにフィジカルを強化したい。メンタル面は、ミスすると気持ちが落ちてしまうのが改善点。できなかったことにフォーカスして必死に練習したい」

毎試合、成長するのが目標だ。

31_2

clipFacebook ★富士通フロンティアーズ
clipTwitter ★公式アカウント
clip富士通FRONTIERS★Xパールボウル2017&東日本交流戦特集
clip富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP

| |

FRONTIERS TEAM BLOG

【第39回パールボウル】ノジマ相模原ライズ試合レポート公開!

5月21日(日曜日)に行われたノジマ相模原ライズとの試合は、残念ながら敗戦しパールボウル予選敗退となりました。

1q_1

東日本交流戦では勝利できるよう頑張ります。
引き続き、富士通フロンティアーズを、どうぞよろしくお願い致します。

試合レポートを公開しました。是非、チェックしてください!
clip予選Aブロック第2試合 vsノジマ相模原ライズ

clipFacebook ★富士通フロンティアーズ
clipTwitter ★試合当日速報中!
clip富士通FRONTIERS★パールボウル2017特集
clip富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP

| |

前の記事へ

このページの先頭へ